沼津港の地物干物ならマルイ水産がオススメ!【深海魚まで!?】

先日、沼津港にある鮮魚店『魚建』を紹介しました。

その中で、沼津港エリアには、鮮魚店が少ないことに触れました。しかし、その一方で、干物店が非常に多いことにも触れました。

 

ということで今回は、その干物店の中でも特にオススメしたいお店『マルヤ水産』を紹介していきます。

マルヤ水産は、なかなか面白い干物店です。今回の訪問時も、色々と面白いものを売っていたいのでレポートしていきます。

 

 

マルヤ水産

マルヤ水産では、定番の干物はもちろんのこと、地物の干物や珍しい干物も売っているお店です。珍しい干物としては、 沼津の名産である深海魚が売っています。

値段も比較的安めで、お土産用に色々と良い商品が並んでいます。

 

 

マルヤ水産で売っているもの

ということで、売ってるものを紹介していきます。

今回は、2019/4/10(水)に訪問しました。とはいえ、商品は干物なので、いつでも同じ商品が並んでいることが多いです。

 

まずは、定番の干物です。金目鯛の干物が、2枚600円で比較的安めです。

他にも、ほっけの醤油干し、鯖、桜えび、釜揚げしらすも売っていますね。

 

金目鯛の煮付け1尾2000円、とろ鯖の西京漬け300円も売っています。

 

そしてこちらが地元の干物です。地物の金目鯛1枚1000円です。

クロムツ1500円は、なかなか脂がのっていそうで良いですね。

美味しそうなメヒカリの干物や、真鯵の干物もありますね。

 

このような加工品も多いです。(写真ブレブレですいません。)

 

そしてお待たせいたしました。面白い干物コーナーです。全て500円で売っています。

 

カガミダイ、カサゴに、ゲホウ(トウジン)もあります。

 

アブラゴソ、デンデン、ヒゲダラ、ドンコ、ワニゴチ、赤コチまでありますね。どれも珍しいです。

アブラゴソや赤コチは、見た目だけでなく味も特徴的なので面白そうですね。

 

外で、トロ鯖の干物の試食をしていました。

試食をいただきましたが、このトロ鯖の干物も脂がのっていて、なかなかに美味しかったです。

 

というところで、売っているものは、こんな感じです。

これにて、今回の買い物も終了です。

 

 

まとめ

今回は、沼津港にある『マルヤ水産』をレポートしました。この干物屋さんでは、定番の干物から地物の干物、さらには珍しい深海魚の干物まで、面白くて美味しそうな干物がたくさん並んでいました。「どうせ買うなら珍しい地物のお土産を。」という考えの人は、是非沼津港に寄った際は、このお店でお土産を買ってみてください。

以上

広告