【販売店も紹介!】天然ビワマスを刺身・塩焼きで食べたら最高!?

今回紹介するのは、珍しい淡水魚です。

そして、淡水魚の中でも、かなりといってもいいほど美味しい部類のお魚です。

 

そんな今回の魚は、『ビワマス』です。

ビワマスという名前の通り琵琶湖で取れる魚です。琵琶湖の幸は以前にも紹介したことがありますが、ビワマスは、琵琶湖の幸の中で、おそらくトップに君臨します。

以前の琵琶湖の幸の記事↓

 

今回は、そんな美味しいと言われるビワマスの天然物を丸ごと1匹で購入してきました。そして、刺身と塩焼きにして食べてみたところ、確かにかなりの美味しさでした。

ということで、そんなビワマスを紹介・レポートしていきます。

 

ビワマスってどんな魚?

ビワマスは、サケ目サケ科に属する陸封型の淡水魚です。

滋賀県にある琵琶湖にのみ生息している固有種であることから、ビワマスと呼ばれています。また、大雨の日に遡上することからアメノウオという呼び方もされています。

現在は、滋賀県のプライドフィッシュにも登録され、琵琶湖で取れる代表的な食用魚になっています。

漁は、春〜夏ごろに行われます。旬は初夏です。

 

 

ビワマスの下処理

ビワマスも、普通の魚と同じような下処理で大丈夫です。

 

鮮度が良いので、エラが綺麗ですね。

 

鱗をとり、頭を落とします。その後、腹を割いて内臓を取り出します。

 

小さな筋子がでてきました。もう少したつと、しっかりとした筋子になりそうです。

 

いつも通り三枚卸しにします。今回は、中骨を四つに割りました。

 

腹骨をすいたら、下処理は完成です!

 

 

ビワマスの食べ方

やはり、ビワマスといえば刺身でしょう。淡水魚なのに刺身で食べることができる珍しい魚の一つです。今回は、鮮度もいいので期待できますね。

また、脂がのっていたハラスやカマは、塩焼きにして食べてみました。

 

刺身

まずは、お刺身からいきましょう。

 

下処理したビワマスのフィレの皮をとります。程よく脂がのっていますね。

今回は、鮮度が良すぎるので、キッチンペーパーで一晩寝かせました。鮮度が良すぎると、硬いだけで味がでません。

 

寝かした柵を盛り付けます。

今回は、皮つきの柵を使って炙りにもしてみました。炙っている際に、バチバチと美味しそうな音をたてていました。

では、いただきます!

 

モグモグ(・〜・)

うっまぁあああい!こんなに美味しい淡水魚、他にはないと思います。

普通のサーモンに比べて、味がまろやかです。脂は、多いながらにさっぱりとしています。

 

そして、炙り!

とろけマス!すごく、とろけ鱒!味も脂も、トロトロです。こんなに美味しいものがあっていいのでしょうか?

まさに、琵琶湖の幸の究極形態です。

炙りは、丸ごと買わなければできないので、かなりの贅沢品ですね。

 

正直美味しすぎて一瞬で食べ尽くしてしまいました。

 

塩焼き

最後に、カマ・ハラスの部分を焼いて食べてみます。

 

グリルに入れて焼いていきます。脂が、すごいです。

焼きあがったら、いただきます!

 

モグモグ(・〜・)

はい、一瞬です。速攻、胃袋に消え去りました。

こんな美味しいのは違反です。反則です。美味しすぎます。

フッワフワの身質に、サクサクの皮。口の中に入れた瞬間に広がる上質な脂。脳を激しく刺激するような濃厚な旨味。

素晴らしい!のひとことです。

 

ということで、あっという間に1匹まるまる食べきりました。

ごちそうさまでした。

 

 

ビワマスを販売しているところ

最後に、そんな美味しいビワマスを販売しているところを紹介します。

 

養殖ものであれば、琵琶湖周辺を主に流通しています。

スモーク加工されているビワマスも、通販などで販売されています。

そのほとんどは、スモークなど加工されたものになっています。

[kattene] { “image”: “https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/410voCxAyWL._SL160_.jpg”,
“title”: “びわますスモーク 70g マス”,
“description”: “琵琶湖 滋賀”,
“sites”: [
{ “color”: “orange”, “url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1370224&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2F%25E3%2581%2582%25E3%2582%2586%25E3%2581%25AE%25E5%25BA%2597%25E3%2581%258D%25E3%2582%2580%25E3%2582%2589-%25E3%2581%25B3%25E3%2582%258F%25E3%2581%25BE%25E3%2581%2599%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25AF-70g-%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9-%25E7%2590%25B5%25E7%2590%25B6%25E6%25B9%2596%2Fdp%2FB07NPFBZHP”, “label”: “Amazon”, “main”: “true” },
{ “color”: “red”, “url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1370222&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fayukimura%2F10000102%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fayukimura%2Fi%2F10000102%2F&r_v=g00q07o3.9tq3eec9.g00q07o3.9tq3fd8b”, “label”: “楽天” } ] } [/kattene]

 

他にも、滋賀県長浜市のふるさと納税の返礼品に、ビワマスの生食用フィレがあります。

[kattene] { “image”: “https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/f252034-nagahama/cabinet/i/30006887-02.jpg?_ex=160×160”,
“title”: “琵琶湖の宝石 ビワマス・フィーレ(生食用)”, “description”: “【ふるさと納税】”,
“sites”: [ { “color”: “red”, “url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1370222&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ff252034-nagahama%2F11502-30006887%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Ff252034-nagahama%2Fi%2F10000064%2F&r_v=g00sucm3.9tq3e506.g00sucm3.9tq3f5e9”, “label”: “楽天”, “main”: “true” } ] } [/kattene]

 

 

私は、天然のビワマスを、1匹まるごと欲しかったので頑張って探してみました。実際は、ネット情報を頼りに探しても、ほとんど見つかりませんでした。

そんな中、滋賀県長浜市の『魚三』という魚屋でビワマスの鮮魚丸ごと1匹を販売してくれました。わざわざ、加工場から加工前のものを出してくれました。しかも、その日の朝どれの鮮度抜群のビワマスでした。

値段は、約2kgのものを3000円弱でした。

事前に電話をしておけば、1匹を丸のままを用意してくれるそうです。欲しい人は、電話をしておいた方が確実です。

 

他にも、4月ごろに滋賀県の堅田漁港で行われる『湖族の朝市』というイベントで、売られているのを見ました。小柄なものが1匹800円という安さした。

鮮魚は、滋賀県内を頑張って探せば見つかるという感じですね。

 

 

まとめ

今回は、天然のビワマスを食べてみました。なかなか高級魚で1匹まるごとの販売は少なかったですが、どうにかして販売しているお店を見つけて入手することができました。さらに、電話をすれば、また販売してくれることもわかりました。

食べた感想としては、とにかく美味しい!そして、脂がすごいです。淡水魚の中では、今まで食べた中で一番美味しいと思えるような魚でした。

少し値段はお高い魚ですが、滋賀県の料亭等でも食べれます。ですが、私としては、やはり1匹まるごと買って楽しむのが良いと思います。

 

以上

広告

食材, 淡水魚

Posted by yori