割安キンメのヒラキンメを食べた

今年はキンメダイが好調らしく、例年よりもかなり安く売られてますね。

特にこの時期のキンメダイは旬でおいしく、絶品ですね。

 

とはいえ、実際に買おうとすると、安くても小さいもので1000円ぐらい、、、。確かに安いけど、ほいほいと買うことはできません。

そこで!今回ご紹介するのは”ヒラキンメ”!!!なんと、こちらはキンメダイと近縁種であるにもかかわらず、お値段は半値段程度のすごい魚なんです!

 

いやぁ~、うれしい限りです。

 

ヒラキンメについて

ヒラキンメはキンメダイの近縁種です。別名ナンヨウキンメとも呼ばれます。キンメダイと同じく、釣りや底引き網で漁獲されます。一般的には、キンメダイよりもあっさりした味わいとされています。

 

入手方法

今回は、静岡県にあるエース伊豆長岡店にて購入しました。

値段は480円でした。

 

ちなみに、普通のキンメダイも売っていました。

やはり、1000円以上しています。ヒラキンメと比べると高く感じてしまいますね。(それでも、地元産なのでかなり安いのですが。)

 

エース以外では、戸田で行われた深海魚撮影会でも見たことがあります。

後は、キンメダイ釣りでたまにかかってくるというのを聞いたことがあります。

 

あまり、流通はしていないと言うのが正直なところです。

 

捌き方

今回購入したヒラキンメです。

キンメダイと比べると結構短い魚体です。パッとみただけで分かりそうですね。

 

少し痩せ気味かなと思って、顔を落としてみると、

予想に反して、結構な脂肪をため込んでいました。これは期待できそうです。

 

普通の魚と同じように、2枚おろしにしました。

お腹が黒いですね。身はキレイなピンクでとてもおいしそうです。

 

料理と味

2枚おろしにした半身は、お刺身で食べました。

キンメダイよりも少し締まった身質でモチモチしています。(これは、鮮度が良いからかも。)

味は、前評判通り脂ののりがキンメダイほどではないものの、程よくとても上質な味わいです。これは、今まで食べた刺身の中でも上位に入っています。

 

もう半身は、キンメダイでは定番の濃い目の煮つけにしました。

 

しっかり、甘辛い煮汁で煮付けること15分、、、

完成です!

身離れはかなり良く、ほろほろとした身質が最高に煮つけにあいます。ただ、脂がそこまでのっていないので、もう少し煮汁を薄くしてもよかったかも。”濃い目の”煮つけという意味では、キンメダイに軍配が上がったと思います。

まあ、それでも、かなりおいしかったです。

 

まとめ

今回は、キンメダイの近縁種であるヒラキンメを食べました。ヒラキンメは、値段がキンメダイの半値以下にもかかわらず、味は勝らずとも劣らずなかなりおいしい部類の魚でした。

正直滅多に手に入らない魚かもしれませんが、もし見かけることがあったら買って食べてみてください。キンメダイが好きな方なら絶対に後悔はしないと思います。

 

以上

広告