セミホウボウを食べたらホウボウではなかった

お久しぶりです。最近、色々と忙しくてブログの更新ができていませんでした。

ようやく落ち着いてきましたし、再開のご要望が多方面から寄せられていたため、これから少しずつ書いていこうと思います。

ネタも沢山たまっているので、楽しみにしていてください。

 

ということで、再開一発目はセミホウボウです。こちら、先日行った一色さかな村で購入した珍しい魚です。(一色さかな村の記事は、後日あげる予定です。)

セミホウボウという名前だけあって、見た目はホウボウに似ていますが、果たしてその味はどうなのでしょうか…?

 

セミホウボウについて

砂泥質の海底にいて、主に甲殻類を餌としています。生息範囲は広いようです。その独特の見た目から、ダイバーには人気のようです。

※今回食したセミホウボウです。

 

※裏側です。

 

購入方法

セミホウボウですが、一般には流通していないようです。

僕自身、一色さかな村で2回程売られているのを見た限りです。値段は、2回とも300円でした。

 

捌き方

セミホウボウですが、鱗がとれないため、鱗をつけたまま解体していきます。

 

まずは、頭を落とします。体色が綺麗ですね。

 

次に、内臓を出して洗います。

 

大名卸しで2枚に卸します。一方は刺身用で、骨のある方は塩焼き用です。

 

刺身用は、皮をはぎます。皮は厚いので、手で簡単に剥けました。

 

 

実食・味

では実食と味の感想です。今回は、シンプルに刺身と塩焼きで半身ずつ食べてみました。

 

刺身

お刺身は、こちら(写真中央)です。

 

銀皮がキレイですね。見た目は、ホウボウに似ています。

味は、ホウボウよりも淡泊で、ほんの少しだけ独特な酸味がありました。ホウボウのような甘みは感じられませんでした。まあ、無難な味です。可もなく不可もなくですね。

 

塩焼き

続いては塩焼きです。

皮目がこんがりと良い感じで焼けました。

 

中の身はこんな感じです。

身質はアジに似てしっかりとしていました。さらに、皮が厚いおかげで蒸し焼きになったのか、ふっくらとした食感になっていました。

味も、刺身のときには感じられなかった旨味が強くでていました。

食感・味ともにグッドです。アジなどの青魚の塩焼きが好きな人は、かなり気に入るのではないでしょうか。

 

ということで、実食編終了です。ごちそうさまでした。

 

まとめ

今回は、セミホウボウという珍しい魚を、刺身と塩焼きで食べました。刺身は無難でしたが、塩焼きは蒸し焼き状態になって非常に食感が良いうえ、旨味もしっかりとでていました。滅多に、買うことのできない魚ですが、値段もそんなに高くないので、今度であったときも塩焼き用に買おうと思います。

皆さんも、もしセミホウボウに出会えることができたなら、是非塩焼きで食べてみてください。

 

以上

広告