京都府農林水産フェスティバルで名産品を堪能【2018】

お待たせいたしました!11月の農林水産系イベントシリーズ最後の投稿です。

今回は、京都府農林水産フェスティバルです。このイベントは、京都の中で行われる農林水産系イベントの中では最も大規模です。
農作物から水産物から特産品も色々売られています。

僕も毎年行っていますが、色々なものを見ることができて、1日中楽しめるイベントです。
もちろん今年も行ってきましたので、紹介していきたいと思います。

 

 

京都府農林水産フェスティバルとは

京都府農林水産フェスティバルとは、毎年11月末に行われている京都府の農林水産系業者が一堂に会する展示会券即売会です。京都府各所の名産物・農作物・水産物・食品など様々なものが並んでいます。イベントも数多く行われており、とてもおすすめなイベントです。

日時: 例年11月第4週土・日
場所: 伏見パルスプラザ

 

駐車場

駐車場は、何箇所かあります。一番目立つ大通り沿いの駐車場は混んでいます。脇道にそれたところにも一箇所あります。

 

この看板が目印です。この駐車場は比較的空いているのでおすすめです。

とはいえ、駐車場自体は全体として少なめです。なるべくバスなど公共の交通機関で行くことをお勧めします。

 

 

出店ブース

それでは早速、出店されているブースを色々と見ていきましょう。

こちらが、出店ブースの案内図です。

 

飲食

 

今年は外に飲食店が並んでいました。

ジビエソーセージなど京都の特産品を使った飲食が多数売られています。

京都の有名老舗もキッチンカーで色々だしてました。

 

農作物

農産物のブースが一番大きいです。

 

こちらはカキが売られていますね。1盛300円で安くはないですが、おいしそうです。

 

京野菜もたくさん売られています。聖護院ではなく淀大根300円ですね。
京都産の小松菜とほうれん草が3袋200円です。これはかなり安めです。

 

こちらは、普通の大根100円と聖護院かぶ200円が売られています。
バターナッツかぼちゃ100円は珍しいですね。

 

九条ねぎ150円や赤芯大根120円、金時にんじん150円と珍しいものが安いです。

 

しいたけ250円やレンコン200円など。淡路産玉ねぎ2個100円は安いのではないでしょうか。

 

こちらは、ミズナ120円やミブナ120円など、京都の名産葉物野菜ですね。

 

京都の名産キノコである、大黒本シメジ300円に、ハタケシメジ500円です。

 

水産物

お次は、水産物です。水産物も結構多くのブースが並んでいます。

 

京料理に欠かせない昆布ですね。羅臼コンブはB級品ですが、1080円とかなりお得です。

 

沖ギス団子や、たらフィレなどがあっていますね。すぐに使えます。

 

タルイカも売っています。大きくて約1800円と安いです。ケンサキイカもありますね。おいしいイカです。

 

毎年来られている小柄なブリ一匹3500円は安いと思いますよ。日本海産のブリなので、おいしいです。

 

丸のままの魚も色々売られています。こちらは、さごしです。小ぶりで一匹800円は、ちょっと高めかな。

 

スズキ1500円です。相場どおりの値段でしょう。

 

グレ3匹600円です。ちょっと小ぶりのグレなので煮つけ、焼き魚にいいですね。

 

冷凍アオリイカ1000円です。これも少し高めですかね。

 

再び大量のタルイカです。

 

その他の名産品

他にも色々なものが並んでいます。

 

こちらは竹細工ですね。普通に買うより値段も安めです。
ここで、茶筅(抹茶をたてる道具)を1000円で購入しました。

 

花や植木も売られています。結構安かったです。

 

この小鉢が1個300円です。安いですね。

 

はちみつも売っています。やはり、国産の良いはちみつは値段が違います。手がだせません。

 

こちらは醤油です。

 

きんつばを目の前で焼いてくれています。おいしそうです。

 

毎年おなじみの米粉パンケーキ2枚100円です。優しい味です。

 

 

イベント

お次はイベントです。イベントもたくさん行われています。

 

一日目に表彰式が固まっているので、多く見えます。

私は、二日目に参加したので、京野菜クイズと野菜の模擬セリに参加しました。

 

京野菜クイズ

京野菜クイズは、〇×クイズの形式でした。

 

人数が少なくなるまで、〇×の正解だと思う方に分かれます。最後残った何人かが景品ゲットです。

景品は、京都の名産物でつくったサイダーでした。

問題も、なかなかの難問でした。僕は、途中で脱落してしまいました。

 

野菜の模擬セリ

最後は、毎年楽しみにしている野菜の模擬セリです。このイベントは、毎年盛り上がります。

 

緑のカゴいっぱいに入ったレンコン・白菜・バナナ・椎茸などなど大体総額3000円ぐらいの農産物セットが売りに出されます。目玉はマツタケです。

 

実際の様子はこんな感じです。

 

落札価格は、1500円程度で、相場の半額ぐらいでかえます。
僕も、1400円で一つ落札できました。

 

これにて、買い物は終了です。

 

 

まとめ

今回は、京都府農林水産フェスティバルに行ってきました。京都の名産の野菜や、珍しい野菜、さらには魚なども色々見ることができました。イベントも模擬競りを始めとして、色々と楽しむことができました。また来年も時間が合えば行きたいと思います。値段をみても、とてもお得なイベントなので、皆さんも是非行ってみてください。

以上

広告