高級食材を安く競り落とせ!木津の朝市

朝市や市場系イベントは、普段より大分安く新鮮な食材を買えるので嬉しいですよね。

しかし、鮮魚が売っている市場系イベントとなると、年1回の開催がほとんどです。多いものでも月1開催(”食彩市@京都”や”市場の朝市@大津”など)がありますが、夏はお休みがほとんど、、、。

 

そこで!今回はなんと月2回も行われていて、鮮魚が買える”木津の朝市”というイベントを紹介したいと思います。しかも、このイベントの会場はアクセスも最高で、かなりオススメのイベントです。

ちなみに、今回は2018年4月に行った際のレポートになります。

 

イベント情報

大阪の木津にある地方公設市場で月2回行われる朝市です。普段も一般客が買い物できる施設ではありますが、業者向けの市場であるため入りづらく、一般客でも買い物しやすい日を作ろうということで開催されているらしいです。鮮魚や野菜の販売だけでなく、模擬セリや抽選などのイベントがあることが特徴です。

開催日:  毎月第二土曜・最終土曜
場所:   大阪木津卸売市場
駐車場:  有
公式HP: https://kiduichiba.jp/

ちなみに、今回訪れた際のチラシはこちら

毎回、公式HPにチラシがアップされるので、行く前に確認するとよいと思います。

 

会場の様子

今回は京都市内から電車いきました。京阪と市営地下鉄を使って、約1時間30分かかりました。御堂筋線「大国町」で下車です。駅からは徒歩3分と、かなり近いです。

大きく”木津卸売市場”と書いてあるので分かりやすいですね。人も多く、にぎわっていました。

外観が比較的綺麗なのも好印象です。

 

中の様子です。

見た感じ、ごく普通の卸売り市場です。作業中の台車も走っていました。

 

鮮魚の販売

市場の半分は、鮮魚店です。まずは、こちらから見ていきましょう。

エビの詰め放題が500円はよいですね。結構な量を詰めていました。

 

売っている魚は、大衆魚が多いです。

値段は、スーパーよりは安いくらいです。

 

探せば珍しい魚も少しあります。

ここではトラギスが売られていました。後で値段を聞こうと思ってたら売れてました。

 

大きいコブダイがありました。こちらも値段は不明。

 

まつかわかれいも珍しいですね。

 

ちびノドクロ(アカムツ)は1匹80円です。高級魚のノドグロでも、この値段だったら手がでそう。

 

このお店では、結構よい品を扱っていました。

活シャコがこれだけ入って2000円はいいですね。

 

活エビを売っているお店もあります。

死んだウチワエビを500円くらいで売ってました。ウチワエビはおいしいですが、歩留まりが非常に悪いのが難点ですね。

 

別の店には活コウイカもありました。

珍しいですね。いくらでしょうか。

 

少ないですが、鮮魚セットを売っているお店もあります。

イトヨリ?、メバル、レンコ鯛?が入って1000円です。まあまあだと思います。

 

こちらは、ソイ、メバル、カワハギなどのセットが500円です。これは安いと思います。煮つけによさそうですね。

 

こんな感じで鮮魚コーナの散策はお終いです。全体的に大衆魚が多く、まあまあな安さというところですね。

 

野菜・加工品等の販売

こちらの市場では、鮮魚以外にも野菜や加工品も扱っています。次は、そちらを見ていきましょう。

 

このお店は、野菜メインで値札があるので買いやすそうです。

けど、正直安くはないです。

 

えのき70円にネギ200円です。うーん、、、。

 

盛り合わせもありました。

これだけ入って500円は良いですね。しかも、盛り方自体もすごく綺麗で買いたくなります。

 

加工品のお店です。

市場独特の雰囲気がありますね。値段はお高めです。まぁ、スーパーでは買えないものも多いので妥当でしょう。

 

果物屋さんも勿論あります。

しかし、高いです。品自体も良いです。贈答用でしょう。

 

野菜・加工品類はこんな感じです。ここでは紹介しませんでしたが、肉屋さんもありました。

鮮魚店よりは店数が少なかったように感じます。

 

お楽しみ抽選会

木津の朝市では、毎回お楽しみ抽選会があります。

黄色い旗のあるお店で1000円購入ごとに抽選が1回できます。

 

抽選会開始前に、かなりの人が並んでいました。早めに買い物を済ませて並んだほうが良いのかもしれません。

 

景品は、こんな感じです。

結構な量の景品があります。当たったら、それぞれのお店に行って景品と交換するシステムらしいです。

今回は、僕は参加しませんでした。

 

模擬セリ

そして、おまちかねの模擬セリです。模擬セリは、木津の朝市のメインイベントとなっています。

今回も、毎回恒例の3店舗で模擬セリが行われました。勿論、僕も参加してきたので、それぞれについて紹介していきたいと思います。

 

ちなみに、こちらの動画は、今回参加した3店舗の模擬セリの様子です。

 

 

和島精肉店~黒毛和牛~

まずは、高級な国産黒毛和牛専門店の和島精肉店さんです。

ここでは、1000~2000円/100gの黒毛和牛のスライスやステーキ肉を模擬セリしていました。

 

大体の商品が500g~1kgでパック詰めされていました。

落札額は2000~4000円程度で約半分でした。

 

途中には、じゃんけん大会で勝ち残りの人が100円で買う権利をゲットや、陳列されているお肉(約1700円/100gが約1.7kg)をそのまま模擬セリにかけるなんてこともしていました。

ちなみに、1.7kgのお肉は9000円で落札されていました。

 

普通のお肉を買うよりは高いですが、普段食べられない様な良いお肉を安く買えるのは良いですね。

 

蛸仙~天然真鯛~

次は、鮮魚店である蛸仙での模擬セリです。

こちらでは、天然真鯛をメインに模擬セリにかけられていました。

鯛の大きさはバラバラで、落札額は、900~3000円くらいです。

 

鯛の他にも、陳列されている魚を模擬セリにかけてくれました。

キンメダイ…約2000円
イシダイ…3500円
オジサン…1000円
活トリガイ(4個)…1200円

で落札されていました。

こちらも、卸売り市場にしては安く落札できると思いました。

 

カネセ商店~マグロ~

最後は、マグロ屋さんのカネセ商店です。

こちらは、様々な種類のマグロの様々な部位を模擬セリにかけてくれました。

 

こちらの写真に写っているのは、中落ち2種類と頭です。

勿論、定番の赤身・中とろ・大トロもありました。どれも一級品なのは見てすぐにわかりました。

また、この店は丁寧にマグロの種類や部位の説明をしてくれたので、買わずともかなり楽しめると思いました。

 

値段的には、どれも大体2000円程度です。安いのか高いのかは、普段あまりマグロを買わないのでわかりません。多分、安いと思います。

 

競り落としたもの

勿論、僕も模擬セリに参加し、いくつか商品を落札できたので紹介したいと思います。

 

まずは、和島商店

和牛ステーキ(500g)…3500円

 

あと、カネセ商店

大トロ柵…2320円

どちらも、最高においしかったです。これで、この値段ならかなりの安さだと感じました。

 

また残念ながら、蛸仙では何回か競ったものの落札はできませんでした。

 

まとめ

今回は、木津の朝市(2018年4月)に行ってきました。卸売市場だけあって、お店が多く、魚や野菜も激安とまではいきませんが、ある程度安かったです。

そして、何より模擬セリが非常に良かったです。普段は買うことすら考えないような高級食材を、半額以下の超激安で買うことができました。また、落札できずとも、その雰囲気が最高に楽しかったです。

アクセスもかなり良いので、別のイベント等がない日は、毎回行こうと思いました。皆さんも是非行ってみて下さい。

 

以上

広告