イトヒキアジの幼魚 ~塩焼き~

秋はいろいろと珍しい魚が出てきてうれしいですね。
今日も、そんな秋の珍魚を紹介します。

 

今回の食材は、これ

”イトヒキアジの幼魚”です。イトヒキアジの成魚の旬は夏ですが、幼魚の旬は秋だそうです。
今回のイトヒキアジは、先日の食彩市で買って冷凍しておいた魚です。250円とかなり安く、大きさは20cmぐらいでした。ちなみに、成魚は1m以上になるそうです。名前の通りヒレが糸の様に長いのが特徴的な魚です。

 

検索すると調理法は色々ありますが、今回は塩焼きにします。
両面に軽く塩を振って、両面焼きグリルで約10分、、、

 

 


完成!!! ひれの糸?が焼けてなくなってしまったのは残念です。これでは、ただのアジですね。(見た目は全然違う。)

 

食味ですが、まぁ普通かな。身質は比較的しっかりしていて、味はサッパリしています。腹周りは少し臭みがありました。
臭みに関しては、海域や時期の問題もあるので、一概にその魚が臭いとは言えません。

幼魚といえども、量は結構あるので、値段を考えるとかなりお得感はありますね。

 

今度見かけたら、別の調理法にも挑戦してみようと思います。

以上

広告