ヒゲナガエビは甘エビよりも甘くて安い

いきなりですが、甘エビおいしいですよね。料亭等で出てくると少し嬉しくなります。
しかし、お値段安くはないので、そんなに多くは食べれません。いつかお腹いっぱい食べてみたいです。

と、そんな方に朗報です。
実は、一部地域のみで食べられている、甘エビよりも安くて大型で甘いエビがいるのです。そのエビの名は、”ヒゲナガエビ”。ちなみに、鹿児島県ではタカエビという名で特産物とされています。さらに、静岡県では本エビなんて言われてもいます。

 

ヒゲナガエビ
日本では底引き網漁のある地域のみで流通している地域嗜好的なエビです。名前のとおりヒゲが長いのが特徴で、体色は淡いピンク色です。水深200-600mの深海の砂底に生息しています。

 

今回は、西浦鮮魚マーケットで買ったのですが、そこではガスエビとして売られていました。早朝水揚げ後すぐのものを購入しました。

では、早速調理していきましょう。


袋にこれだけ入って400円です。ガスエビ(愛知県名)と呼ばれるだけあって、ガスの臭いがします。たぶん、これはエビ味噌の臭いだと思います。個人的には、不快な臭いではないです。

大雑把な選別しかされていないので、大小色々あります。

 


(上)サケエビと思われる別種のエビや(下)顔の部分に寄生虫が入っているエビも入っています。そういうところが安さの秘訣?なのでしょう。

 


両方の顔のほっぺ?部分に寄生虫が入っていました。初めて見る寄生虫ですが、ウオノエの仲間でしょうか?魚ではないので、エビノエか?

 


エビ味噌がたっぷり。そして、物凄くおいしいです。永遠と顔を毟ってはエビ味噌を食べていました(購入日の昼頃)。

しかし、同日夜にもう一度食べようとしたところ色が黒くなっており、味が苦く、おいしくなくなっていました。

このエビはおいしいのですが、鮮度落ちが物凄く早いため、産地周辺でしか流通しないのです。鹿児島では、この欠点を解決するために急速冷凍を用いているそうです。

 


まずは、刺身にして食べてみます。ちなみに、下の赤いエビは混ざっていた別種のエビです。

甘いです。

確かに、甘エビよりも甘い。別種のエビと食べ比べると明らかに違いました。ちなみに、刺身は夜に食べたのですが、身はちょうど良く熟成されていました。

 

次は、揚げてみましょう。軽く小麦粉をまぶして、180度の油で殻ごとあげました。


カラッとあがりました。


お皿に盛り付けます。あんまり良い色ではないですね。

サクサクでおいしかったです。ただ、刺身のときのような甘さはなかったです。これでは、普通のエビのから揚げと大差はないですね。鮮度さえよければ、刺身で食べた方が良いと思いました。

 

今回食べたヒゲナガエビは、刺身としては甘エビを超える甘さでした。値段も物凄く安かったので、コスパ最強エビです。産地周辺でしか流通しないのはネックですが、鮮度落ちが早いのでしょうがないですね。もし、食べてみたい方は産地まで頑張って足を運ぶか、鹿児島の冷凍品が通販で売っているので、それを買うと良いと思います。

以上

広告