ブロブフィッシュはカニ味?

でーーん!

よぉーりです。

今日は、1月の食彩市で購入したブロブフィッシュについてです。安定のシーフーズ大谷さんで6kgのものを4300円ぐらいで購入です。

 

ブロブフィッシュは、別名ニュウドウカジカとかヒメアンコウとか言われています。英国の”醜い生き物を守る会”で、世界一醜い生き物として認定された魚です。深海900mに住む深海魚だそうです。日本では北海道でたまに捕れるそうです。(今回購入したものも北海道産)

調べたところ、その食性からエビやカニなどの甲殻類の味がするそうですが、一体どんな味がするのでしょうか。期待です。

 

まずは、写真撮影

ぶさいくですね。この魚の隣であれば、誰でも美男・美女になれます。

 

立派です。

 

てか、どうやって解体しようか、、、。いくら洗ってもヌルヌルがとれないし。
とりあえず、アンコウと同じ方法でやっていきます。

まずは、皮をはぐ。

あれ、ちょっとかわいくなったかも?鼻のぷるぷるが小さくなりました。

 

身質はこんな感じです。

やっぱりアンコウに似てます。

さばいた結果

写真じゃ伝わらないけど、固体のクセにほぼ液体です。

 

別に食べた人の話によると、そのままでは淡白すぎるらしいので、濃い目の料理にしました。中国産アンコウの肝を使ってどぶ汁風に。具はネギとブロブフィッシュです。ブロブフィッシュは湯引きしてから使いました。

 

味は結構よかったです。淡白ながら臭み等はまったくなく、タラとアンコウの中間ぐらいの味です。確かに甲殻類っぽい味もするかも。加熱するといい感じで身がしまってくれます。ただ、ぷるぷるコラーゲンが多すぎて、途中であきました。

もし見かけたら話のネタには良いかもしれません。ただ、ものすごくヌルヌルしてさばきにくいので、プロに頼んで裁いてもらうことをオススメします。

 

ちなみに、胃袋が大きかったので、別途冷凍して保存しておきました。調理したらまたブログにあげます。

 

以上

広告