新鮮生アミエビを塩茹でにして食べてみた

先日行った岡山の四手網では、アミエビも大量に取れました。

四つ手網小屋では、アヒージョとかき揚げにしましたが、まだ余っていたので家に持ち帰りました。

 

四つ手網で行った調理法でもアミエビをおいしく食べることができましたが、味付けが濃く素材の味自体はわからなかったので、家ではシンプルに塩茹でにして食べてみました。

今回は、それについてレポートしていきたいと思います。

 

アミエビについて

アミエビは甲殻類ですが、エビよりプランクトンに近いです。日本では、九州・岡山地方の一部でのみ食べられているようです。海外では割とメジャーな食べ物です。

釣り餌でよく使われているので、知名度は高いです。

また、種類も沢山ありますが、残念ながら僕には知識がないため、今回のアミエビがなにかはわかりませんでした。

 

アミエビの入手法

残念ながら、生の食用を売っているところを見かけたことがありません。加工品ならサクラエビの偽物として使われているのは何度か見たことがあります。産地のスーパーや市場であれば、生で売っているという話は聞いたことがあります。

その他、食用ではないですが、釣り餌用の冷凍オキアミ(無添加)を食べている人もいるようです。もし食べる場合は自己責任でお願いします。

確実に欲しい場合は、僕と同じく岡山の四手網で入手するのが良いと思います。

 

アミエビの塩ゆで

本当は、鮮度も良いので刺身で食べてみたかったのですが、お腹を壊すという噂(今のところ根拠なし)もあったので、塩茹でにしました。

こちらが、今回のアミエビです。さすがに家に帰るころには、死んでいました。

まずは、ゴミがついているので海水で軽く洗います。

 

そして、沸騰した海水程度の濃度の塩水で茹でます。

アミエビが浮かんで来たら茹で上がりの合図です。

 

茹で上がったらザルに上げます。

そのまましばらく放置します。粗熱が取れたら完成です。

ちなみに、サクラエビのように赤くはならなかったです。

 

実食

お皿に盛り付けて、ポン酢をすこしかけてみました。

それでは、いただきます。

 

 

あぁ、う~ん。いや、おいしいのですが、正直サクラエビの劣化版といった感じです。あまり、甲殻類の香りや味はしないです。優しい甘さがあるのが特徴的です。

食感は、サクラエビより少し柔らかめといった感じです。

 

これは、濃い目の味付けの料理やトッピングの方が使い勝手がよさそうです。わざわざ素材の味を楽しむ必要はないと思います。

 

まとめ

ということで、今回は岡山の四手網でとれた新鮮アミエビ塩茹でにして食べてみました。正直、味はまずくはなかったのですが、素材の味を楽しめる程のおいしさでもなかったです。もし、今後手に入ったのであればうどんのトッピングやかき揚げなどにするのが良さそうです。

釣り餌にも使われるアミエビなので、もし食べてみたい人がいたら食べてみるのも良いかもしれませんね。

 

以上

広告